スカルキャップとは

別名 マッドドッグウィード、タツナミソウ、コガネバナ
学名 Scutellaria lateriflora
英名 skullcap
科名 シソ科
部位 葉・茎・花

スカルキャップの特徴

スカルキャップはシソ科のハーブです。 スカルキャップを横から見ると「頭蓋骨(skull)」や「キャップ(cap)」のような見た目をしていることから「頭蓋骨の帽子(スカルキャップ)」と名付けられました。

アメリカの先住民たちが毒虫や狂犬病、生理痛の治療薬として昔から利用していました。

神経を活性化してくれるミネラルを豊富に含むことから、神経系に良いハーブといわれています。

スカルキャップの効果・効能

ストレスによる緊張や不安感、パニックなどを緩和することに有効とされています。疲れているのに眠れない、なかなか疲れが取れないという時に飲むとぴったりなハーブです。

スカルキャップの副作用や飲む際の注意点

とても効き目が高いハーブなので妊娠中の方は使用を控えるようにしてください。

スカルキャップを使用したハーブティー

英国ハーバリストと共同開発

MENTは英国メディカルハーブ協会の認定ハーバリスト、リエコ・大島・バークレー氏と共同開発しました。

日本人特有の細やかなサービスと的確な技術で英国でも根強い人気を誇ります。

TOP